女性の頻尿 男性の頻尿

過活動膀胱の原因と治療方法について

更新日:

slide4

頻尿の原因の一つに、過活動膀胱と言われる膀胱の筋肉が過剰に収縮したり硬直する事で頻尿に繋がる事があります。

頻尿の原因が過活動膀胱の可能性がある場合、医師の処方する薬や漢方、サプリメントの摂取など色々なアプローチ方法がありますので、お医者さまと相談の上、治療していきましょう。

今回は、過活動膀胱の原因と改善方法についてご紹介します。

 

過活動膀胱の主な原因

過活動膀胱には、脳と膀胱(尿道)を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のものと、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。

 

神経因性過活動膀胱(神経が原因)

脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害、脊髄損傷や多発性硬化症などの脊髄の障害の後遺症により、脳と膀胱(尿道)の筋肉を結ぶ神経の回路に障害が起きると、排尿を促す信号のやりとりが正常にはたらかなくなります。

その影響で膀胱に尿が少ししかたまっていなくても尿を出そうとしたり、「締める」「緩める」の連携がうまくいかなくなる恐れがあり、排尿トラブルに発展します。

 

非神経因性過活動膀胱(神経とは関係ない原因)

女性は骨盤底筋の緩みが主な原因
特に女性の場合、加齢や出産によって、膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底筋が弱くなったり伸びてしまう傾向にあります。。その結果、排尿のメカニズムがうまく働かなくなり、過活動膀胱が起こります。

骨盤底筋は、骨盤底筋を引き締めるトレーニングを日常的に行う事が効果的と言われています。

>>骨盤底筋のトレーニング方法

他にも、ストレスや生活習慣、冷えなど様々な要因が影響してくると言われています。

 

 

過活動膀胱の治療・対策について

過活動膀胱の治療は【薬物療法】【行動療法】があります。

薬物療法

抗コリン薬による治療

過活動膀胱の治療は、まず薬物療法を行うのが一般的です。また、薬物療法は症状を軽減させる対症療法です。

膀胱の収縮を抑える働きのある「抗コリン薬」というお薬がよく処方されます。抗コリン薬を服用すると、膀胱の収縮を抑えて、たくさんの尿を溜められるようになります。

副作用
口が渇く、便秘、残尿、発汗など

治療を始める前に医師からよく説明を受け、今後の治療について十分に理解をしておきましょう。

行動療法

膀胱訓練

トイレに行く間隔を延ばして、膀胱の容量を増やす訓練です。

1:尿意を感じたら、5分間我慢する。

2:5分間我慢できるようになって1ヵ月ぐらいしたら、10分間我慢してみる。

3:10分間我慢できるようになって1ヵ月ぐらいしたら、15分間我慢する。

このように、できる範囲で少しずつ、トイレに行く間隔を延ばしていきます。

 

電気刺激治療

電気や磁気で刺激を与えて、骨盤底筋の収縮力を強化したり、膀胱や尿道の神経のはたらきを調整する治療です。過活動膀胱だけでなく、腹圧性尿失禁にも効果があると言われています。

生活習慣の改善

生活習慣も頻尿に大きく影響します。アルコールや刺激の強い食べ物を避ける。冷え性対策をするなど、地道な対策を継続する事が大切です。

  • 身体を冷やさない
  • 便秘・肥満に気をつける
  • ビールなどのアルコールを控える
  • お茶やコーヒーなどのカフェイン類の飲料を控える
  • 刺激の強い食べ物を控える
  • 水分の摂りすぎに注意する

 

 

まとめ

過活動膀胱は加齢が進むにつれ、誰でもなる可能性のある症状です。大切なのは、日常的に生活習慣に気を配る事と、女性の場合は特に骨盤底筋のトレーニングを継続する事が大切です。

また、過活動膀胱対策にイソサミジンという健康成分が近年注目されています。日々の改善活動と合わせて、サプリメントや漢方等も試してみるのも一つの方法です。

重度の頻尿の場合は病院に行った方が良いですが、まず自分で対処したいという事であれば、個人的にはサプリメント+生活習慣改善を継続的に行う事をおすすめします。

サプリメントについては、下記の記事で詳しく紹介していますので是非参考にしてみてください。







-女性の頻尿, 男性の頻尿
-, , , ,

Copyright© 頻尿改善NAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.