コラム 夜間頻尿

夜間頻尿の人は死亡率が2倍!?本当は怖い夜間頻尿

更新日:

主に40歳以上の男女の悩みの種の【夜間頻尿】実は、近年の調査で、重大な疾患が隠れていたり、死亡率が高い傾向にある事が判明しています。

今回は、夜間頻尿に潜む危険な病気について詳しくご紹介します。

 

夜間頻尿の基準

夜に何回トイレに行ったら夜間頻尿と診断されるのでしょうか。
日本では、【就寝時に1回以上、トイレに行く為に起きたら夜間頻尿】と定義されています。つまり、おしっこに行きたくて夜中に起きる事が続く人は夜間頻尿と診断されます。

 

日本人の夜間頻尿人口

日本人で夜間頻尿に悩まされている人は40歳以上の男女のうち約4500万人は、就寝中に1回以上トイレに行っている夜間頻尿と言われています。

さらに、夜中に3回以上もトイレに起きる重度の夜間頻尿の人は60~70代では男性の30%女性の15%と言われています。加齢の進行とともに、夜間頻尿に悩まされている人が多いと言えます。

 

若い人も夜間頻尿に・・・

とはいえ、実際は、20代30代の若い男性も、頻尿に悩まされている人が増えています。

>>20代、30代の若い男性に急増する頻尿の原因と解決策

ストレスや、長時間のデスクワーク、男性の冷え性など要因は様々ですが、夜間頻尿も頻尿も【決して高齢者の病気ではない】という事です。

ちなみに斉藤さんこと私(30代前半)の場合、慢性前立腺を患っており頻尿になりやすく、前立腺炎が悪化したり疲れが溜まると寝ている時もトイレに行きたくなって目が覚めます。

 

スポンサーリンク




 

本当は怖い夜間頻尿

実は、夜間頻尿に悩まされている人は、実は深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。

夜間多尿は、水分の摂り過ぎのほか、糖尿病、高血圧、うっ血性心不全、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などが原因で就寝時に尿意を催す事が多いです。

また、膀胱容量の減少は、過活動膀胱、前立腺炎、膀胱炎などで膀胱が過敏になるために起きると言われています。過活動膀胱は、パーキンソン病などで膀胱のコントロールが効かなくなり、少量の尿が溜まると膀胱が勝手に収縮する難病です。

脳卒中や前立腺肥大症の排尿障害によって、膀胱が過敏になっても頻尿になる恐れがあります。

>>夜間頻尿の原因と対策

 

 

夜間頻尿は死亡率が2倍にアップする!?

北欧の高齢者グループを4年間追跡調査した結果で、夜間頻尿の人は、健康な人よりも約2倍も死亡率が高かったという衝撃のデータがあります。夜中にトイレに行く回数が少ないほうが長生きしやすいと言っても過言ではありません、

今後、研究が進んでデータが集まれば夜間頻尿は寿命に関連する事実を示す指標となるかもしれません。

 

 

まとめ

もちろん、膀胱の老化が夜間頻尿の原因になる事も事実ですが、夜間頻尿=ただの老化現象 と決めつけてしまうのは非常に危険です。身体が何らかのSOS信号を出している可能性があります。

また、頻尿や夜間頻尿は決して高齢者だけの病気ではありません。20代30代の男性も、頻尿や夜間頻尿に悩んでいる場合はひとつひとつ原因を明らかにして、自分で出来る対策を始めてみましょう。

また、改善が見られない場合は早めに一度泌尿器科へ行き、相談してみる事も大切です。







-コラム, 夜間頻尿

Copyright© 頻尿改善NAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.