頻尿

女性に多い膀胱炎による頻尿~主要な3つの原因~

更新日:

heal-a-UTI-naturally

膀胱炎は女性に多い病気のひとつ

膀胱炎は女性に多い病気の一つです。男性と比べて、女性は尿道が短い為、尿道から侵入した菌が膀胱に入りやすい事が挙げられます。

原因となる菌は約8割は「大腸菌」による単純性膀胱炎です。今回は膀胱炎の原因や対処法について詳しくご紹介します。

 

膀胱炎の原因

女性の膀胱炎の場合、主に3つの原因があります。

 

1:おしっこを我慢しすぎる

職場などでトイレに行きにくい環境だったりする場合、無理におしっこをがまんしてしまい膀胱に負担がかかり、膀胱炎になる事があります。

また、このケースは「さっきもトイレ行ったからまたトイレに行くのは・・・」とためらってしまい、余計トイレの事が気になって【心因性の頻尿】も併せて発症してしまう恐れがあります。

職場によってはトイレに行きにくい事もあると思いますが、自分の体が一番大切です。
無理に我慢せず、ちゃんとトイレに行くように心がけましょう。

 

2:性行為による【雑菌性膀胱炎】

新婚性膀胱炎、蜜月膀胱炎などと呼ばれ、性行為によって尿道から大腸菌が侵入して膀胱に炎症を起こす事で発症します。

新婚・蜜月と呼ばれるのは、新婚の時期に今までよりも性行為の頻度が上がる/初めての性行為 によって大腸菌が侵入しやすくなる為です。

(昔の時代のネーミングですので、今の情勢とはあまりマッチしてませんね。

新婚性膀胱炎を防ぐ為には、

①性行為後に排尿を必ず行い、尿道の大腸菌を押し流す事。
②パートナーの手や体をちゃんと洗ってから触れてもらう事

が重要です。 特に、性行為後の排尿については習慣づける事が大切です。これだけで大半の雑菌性膀胱炎は防ぐ事が出来ます。

 

3:性感染症による膀胱炎・尿道炎

こちらは性行為によって相手から性病、性感染症(STD)をうつされてしまうケースです。主要な性感染症としてはクラミジア・淋菌などが挙げられます。

コンドームの着用と、不特定多数との性行為を避けるようにして、普段から注意しましょう。

性感染症については下記のサイトで詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

>>女性のクラミジアの症状について(外部サイト)

 

 

膀胱炎の治療

膀胱炎の治療は基本的には抗生物質の服用によって炎症と菌を抑える治療を行います。服用を続ければ1週間以内にはたいてい症状が緩和します。

膀胱炎はできるだけ早期治療をおススメします。放置しておくことで慢性化してしまいますと、癖になってしまって頻繁に膀胱炎が起きることになります。

また、膀胱炎を治療せずに放置すると、菌がドンドン内部へ進行して最悪の場合には、腎盂炎/腎炎という病気を併発してしまうケースもありますので、決して安易に考えないでください。高熱が出て入院するケースもあります!

膀胱炎を予防するには、基本的には陰部を常に清潔な状態にしておくことが大切です。下着をこまめに替える、ちゃんと毎日お風呂に入るなど当たり前の事ですが怠らないように注意しましょう。







-頻尿
-,

Copyright© 頻尿改善NAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.