頻尿

子供の頻尿の原因と対処法【膀胱炎?それとも心因性?】

更新日:

頻尿と言うと高齢者や女性に多いイメージがありますが、実は子供も頻尿の症状を訴えるケースが非常に多いです。

今回は、子供の頻尿の原因と対処法についてご紹介します。

子供の頻尿の原因は大きく分けて2つあります。1つは膀胱炎などの泌尿器系の疾患、もうひとつは心因性頻尿、つまり【こころ】の問題です。

 

膀胱炎による頻尿

子供の膀胱炎の症状

尿道から雑菌が侵入して、膀胱に炎症を起こしてしまう事で常に膀胱に刺激が与えられ、頻繁に尿意を催してしまう症状です。

膀胱炎の場合、排尿時に尿道や膀胱に刺すような痛み、チクっとした痛みが走る事が多いです。また、菌がもっと奥まで入り込んでしまうと腎盂炎になってしまうこともあります。

特に小さい子供の場合、見ていても気付く事が難しいかもしれません。おしっこの回数が多いお子さんは、おしっこをしている時に顔をしかめたりしていないかよく注意してみてあげてください。

1歳~2歳くらいのおむつをはいている時期は、おむつのなかうんちをするので、大腸菌が尿道に侵入しやすくなります。できるかでこまめに拭いて清潔な環境を保つようにしてあげてください。

膀胱炎の場合、痛みが伴いますのでおしっこの度に痛くて泣いたり、おしっこに行きたがらなくなって余計膀胱炎が悪化するリスクもあります。また、トイレに行くストレスからおしっこを我慢しすぎて夜おねしょをしてしまう子もいます。

 

膀胱炎による頻尿の対処法

まずはおかしいと思ったらすぐ小児科、泌尿器科に行ってみてもらってください。
膀胱炎の場合、尿の中に白血球が混ざりますので尿検査で分かります。

抗生物質を飲めば症状も治る事が多いので、おかしいな?と思ったらすぐ病院に連れて行きましょう。

 

スポンサーリンク




 

心因性による頻尿

子供の心因性頻尿の症状

膀胱炎は抗生物質などで治療ができますが、お子様の頻尿の原因が心の問題である場合、解決まで時間がかかる場合があります。根気よく、お子様と一緒に解決できるように取り組む事が必要です。
心因性の頻尿は、物心ついた3歳~小学高2年生くらいまでのお子様に多いです。

子供の頻尿で悩んでいる方、過去にこのような事はありませんでしたか?

  • おねしょを強く叱った
  • 学校でおもらしして恥ずかしい思いをした
  • 外出先で何度も子供に【おしっこした?】と聞く

これらのおしっこを我慢できずに失敗してしまった経験や、お母さんやお父さんにおしっこの事で怒られた、叱られた記憶は子供のストレス・プレッシャーになります。

「次は漏らさないようにちゃんとおしっこに行かないと」と自分で考えてくれる事はとてもいい事なのですが、考え過ぎてつねにおしっこの事で頭がいっぱい・・・となって酷い場合だと5分に1回くらいトイレに行く子供もいます。また、水を飲む事を嫌ってしまって脱水症状になってしまう子供もいるようです。

心因性頻尿の特徴として、昼間は何度も何度もおしっこに行くけれど、夜寝ている時や何か遊びや他の事に集中している時はおしっこに行かなくても平気な子が多いです。

要は、おしっこに行かなきゃ!と考え過ぎなのです。

 

心因性による頻尿の対処法

とにかく、気にしすぎない!

自分のお子様が1日に何回もトイレに行ったら不安になる気持ちは十分分かります。しかし、親や周りの人たちが子供のトイレの事を気にすれば気にする程、当の本人はトイレのプレッシャーやストレスが高まり、頻尿が続きます。

子供の心因性の頻尿の場合、たいてい1週間~1カ月もしないうちに自然に治る事が多いので、とにかくあまり気にしすぎないようにしましょう。子供には親の心配や不安な気持ちが伝わります。

 

絶対に怒らない

「またおしっこ行くの?」と嫌そうに言ったりする事は避けましょう。幼いながらも、本人が一番気にしていると思います。
また、旅行や外出の時、「乗り物に乗る前におしっこ行きなさい!」としつこく言うのもおすすめできません。

毎回このように言われると、子供の中で【乗り物乗る前=おしっこ】という習慣がついて、行きたくもないのに尿意をもよおしてしまうような変な習慣ができてしまう恐れもあります。もちろん、乗り物に乗る前はおしっこに行っておいた方が安全ですが、あまりしつこく言わ無いようにしてあげてください。

 

本人が悩んでいたら優しくフォローする

小学生くらいの子供だと、自分がトイレに何回も行く事を悩んでいる場合もあります。そんな時は決して異常な事じゃないんだよ と言う事を優しく言って安心させてあげてください。

夏なら「暑くて飲み物いっぱい飲んだからね、おしっこいきたくなるよね」とか、冬なら「体が冷えるとおしっこいきたくなるんだよね」とか。

とにかく、「決して異常な事ではないんだよ」という事を説明すると、お子様も安心します。

 

 

まとめ

子供が頻尿になったら・・・・

  1. 痛みがあるかどうかチェックする
  2. 排尿痛があるなら病院へ
  3. 排尿痛が無いなら気にしすぎない

忙しい時、外出している時に子供が何回もおしっこ行きたいと言ったら忙しい時や急いでいる時はイライラしてしまう事もあると思います。でも、できるだけ、本人のやりたいようにさせてあげてください。

子供の心因性の頻尿は一過性のものの場合が多いです、変におしっこにマイナスイメージを持たれないように、優しくフォローしてあげる事が一番の対処法です。







-頻尿

Copyright© 頻尿改善NAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.